調布市,狛江市新築一戸建て専門店の不動産用語「第一種低層住居専用地域」

調布市・狛江市新築一戸建て専門店


不動産用語「第一種低層住居専用地域」

第一種低層住居専用地域

ご自分の土地であっても、土地利用にはさまざまな

制限が定められています。


用途地域によって建てられる建物が違ってきます。


高い建物が建てられる地域がありますが、

第一種低層住居専用地域では、高さ
10m又は12m以上の

建物が建てられない地域になります。





住むために一番良い住環境


第一種低層住居専用地域とは低層住宅の良好な住環境を

守るための地域で、
12種類ある用途地域の中で

最も厳しい規制がかけられています。


厳しいがゆえに、住むための住宅地として環境が

保たれています。


閑静な住宅地、緑多い住宅地、住む環境としては良い住宅地、

誰もが住みたい住宅地それは「第一種低層住居専用地域」

になります。


低層住宅の良好な環境を守るための地域




建ぺい率の制限がありますので、周辺が建て込んできたり、

高い建物が建つということはありません。


この先、工場やマンション、商業施設などの建つ心配がなく

住環境の変化も心配いりません。




まとめ

用途地域の中で最も規制の厳しいのが

「第一種低層住居専用地域」です。

良好な環境を維持するために建てられる高さや、建ぺい率

・容積率が低く抑えられています。


第一種低層住居専用地域は土地に対して家の建てられる範囲が

他の地域より狭くて、建ぺい率が
30%とか40%、容積率は60%又は

80%になりますので、100平方メートルの土地で建物の大きさは

60平方メートル、80平方メートルとだいぶ狭くなります。




広い間取りの建物を建てるときは、その分土地も広く

なければいけません。


これにより住環境が守られるということになります。




  この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

    ・住宅ローン減税

    ・頭金なくてもマイホーム買えますか

    ・見つかったときの準備



調布市・狛江市新築一戸建て専門店の不動産用語「建蔽率」

   

     
無料会員登録

 








 買主様の立場で考えるエージェント


あなたに代わり売主様と諸条件交渉します。
住宅ローン金利金融機関と交渉します。
住宅ローン手続き当社で行います。

住宅ローンのご相談は無料です。
ファイナンシャルプランナーがご相談に応じます。




会員登録の方は仲介手数料無料又は割引
色々とお役に立つ情報お送りします。

  千歳烏山,仙川,調布市,不動産,一戸建て,マンション



調布市,狛江市新築一戸建て専門店