調布市,狛江市新築一戸建て専門店の不動産用語「建蔽率」

調布市・狛江市新築一戸建て専門店


不動産用語「建ぺい率」

マイホームを探していると、よく聞く言葉に「建ぺい率」と

いうのが有ります。

もしくは「建蔽率」と書きます。

建築物の建築面積の敷地面積に対する割合のことを

「建蔽率」といいます。



わかりやすく言いますと、その敷地にどのくらいの

建物が建てられるかという重要な規定です。

この建蔽率を決めることにより住宅の密集を防ぐことができます。

自分の土地だから目一杯大きな建物をということになりますと

隙間がなくなってしまいます。

建蔽率による、建築面積の制限で空き地が残ることになり、

採光や通風が良くなり火災による延焼防止にもなります。

それと良好な住宅環境を維持するためです。

                                                                       a
 調布市,狛江市の建蔽率は40%のところが多いです。

ここ調布市や狛江市の住宅地の殆どが建蔽率40%になっています。

例えば30坪の土地であれば、住宅の1階の面積は12坪となり、

残りは空地となります。

これにより住宅環境の良い住宅地が維持されます。

場所により建蔽率30%,50%,60%,80%などの地域もあります。

建蔽率が増えるほど、建て込んだ住宅地となってゆきます。

建蔽率の低いところほど住環境は守られます。

 

低いほうがいいと言って、30坪の土地が建蔽率30%であれば、

1階が9坪の建物しか建てられません。

建蔽率の低いところの土地はそれだけ多くの土地を購入しないと、

自分の思っている間取りの家が入りません。




                                                                         
建蔽率違反は住宅ローンが借りられません。                              a
a

少しぐらいいいやと言って、10坪の家を建ててしまいますと

「建蔽率違反」になり住宅ローンの対象にはなりません。

よく中古住宅の場合に、この建蔽率違反の建物があります。

中古住宅で価額が、いやに安いなと思う物件は、

よくよく見ると建蔽率違反している物件が多いです。

建蔽率違反している物件は、住宅ローンの対象にはなりません。

全額キャッシュで買うしかありません。

若しくは更地にして建て直すしかありません。

 

簡単な計算でわかりますので、気をつけてよく見て

確認してください。

建蔽率は必ず守ってください。

 

  この記事をやんだ人は次の記事も読んでいます。

    ・頭金なくてもマイホーム変えますか

    ・諸経費は誰にいつ払うの



調布市・狛江市新築一戸建て専門店の不動産用語「建蔽率」

   

     
無料会員登録

 








 買主様の立場で考えるエージェント


あなたに代わり売主様と諸条件交渉します。
住宅ローン金利金融機関と交渉します。
住宅ローン手続き当社で行います。

住宅ローンのご相談は無料です。
ファイナンシャルプランナーがご相談に応じます。




会員登録の方は仲介手数料無料又は割引
色々とお役に立つ情報お送りします。

  千歳烏山,仙川,調布市,不動産,一戸建て,マンション



調布市,狛江市新築一戸建て専門店