藤建企画の記事:希望額が借りられなかった場合に住宅ローンフラット35を利用してみよう。

サイトマップ
  • 藤建企画のロゴの画像
  • 藤建企画のお問合せ
藤建企画のヘッダー画像

希望額が借りられなかった場合に住宅ローンフラット35を利用してみよう。

2020年1月11日(土)

希望額が借りられなかった場合に住宅ローンフラット35を利用してみよう。

1439561.jpg






















希望額が借りられなかった場合に住宅ローンフラット35

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携している全期間固定金利の住宅ローンです。


最近の傾向として、フラット35を利用する方が増えてきています。

住宅ローンの借入期間は長い35年もの間に何が起こるかわかりません。

35年間、金利が一定で安心という理由でフラットを使う方がいます。

借入金利が上昇しても、全額返済までは返済額が確定しているのはいいですね。



メガバンクで借り入れ断られた方でも、フラット35なら大丈夫な場合があります。

・契約社員・派遣社員でも大丈夫です。

・転職したばかりの人

・パートさん

・育児休暇・産休中の人

・自営業



希望の金額が借りられない人でもフラットなら大丈夫かもしれません。

フラット35は銀行の住宅ローンより年収面で優遇されます。

銀行で住宅ローンが減額になった場合は、フラットを利用してみるのもいいでしょう。



借入額のポイントは

年収400万円未満の場合は返済比率30%以下

年収400万円以上の場合は返済比率35%以下

年収400万円を超えるか超えないかで大きく違ってきます。




まとめ

住宅ローンメガバンクで断られた方でもフラット35なら借りられるかもしれません。

希望額が借りられなかった方でも、フラット35なら希望額が借りられるかもしれません。

派遣社員の方でも借りられます。

住宅ローンは長い期間になります今まで生きてきた期間と同じくらいになります。


固定金利で安心を買ってください。


仲介手数料最大無料

調布市と狛江市の新築一戸建て専門店です。

TOPへ戻る