藤建企画の記事:建物が大きくなる昨今発想変えてコンパクトハウスはどうですか。

サイトマップ
  • 藤建企画のロゴの画像
  • 藤建企画のお問合せ
藤建企画のヘッダー画像

建物が大きくなる昨今発想変えてコンパクトハウスはどうですか。

2018年11月11日(日)

建物が大きくなる昨今発想変えてコンパクトハウスはどうですか。

11gatu4hi 032.jpg



















おすすめ物件その3です。

コンパクトハウスはいかがですか。

昨今建物の面積がどんどん大きく

なってきています。

一頃は建物面積60平方メートル台70平方メートル時代

80平方メートルあると大きい建物でした。



今や90平方メートル100平方メートルを超える物件も出てきています。

建物が大きくなるということは

それだけ敷地も大きくなるわけです。


敷地、建物が大きくなると

その分価額が高くなります。


建物面積:92.11平方メートル

価額6,580万円

WS000002.JPG










建物面積:65.08平方メートル

価額4,680万円

WS000006.JPG






















建物面積:66.88平方メートル

価額:4,480万円

WS000003.JPG








1,000万円違うとどうなる

仮に同じような場所で購入価額が1,000万円違うと

固定金利1.42%

借入期間35年

月々30,227円違ってきます。

35年で12,695,340円も違ってきます。



マイホーム購入しても月々の支払いが

3万円違うとなるとコンパクトハウスも検討の余地ありですね。


まとめ

月々3万円違うとなると外食もできるし

家族旅行もできますね。

60平方メートル3LDKの家で充分です。

ご夫婦の部屋、子供さん一人なら一部屋余ります。


もう一つのご提案

狭い土地を購入してコンパクトハウスを建てる

敷地面積80平方メートル

建物面積64平方メートル

土地が少ないので思っている以上に安くできます。

無駄な部分を省くので生活しやすい家になります。

光熱費や、固定資産税等のランニングコストを低くおさえる利点があります。

TOPへ戻る