藤建企画の記事:おすすめ物件その2です。敷地延長物件!なにより価額が安い。

サイトマップ
  • 藤建企画のロゴの画像
  • 藤建企画のお問合せ
藤建企画のヘッダー画像

おすすめ物件その2です。敷地延長物件!なにより価額が安い。

2018年11月 9日(金)

おすすめ物件その2です。敷地延長物件!なにより価額が安い。

099509.jpg















調布市と狛江市の新築一戸建て専門店
のおすすめ物件その2


敷地延長物件

敷地延長または旗竿地もしくは路地状敷地ともいます。

敷地延長とはちょうど旗のような形をしていることから
旗竿敷地とも言います。

旗の部分に家を建て棒の部分はカースペース、

家に入り入り口になります。


大きな土地が有った場合に

田の字に4つに切りますと

奥に2区画ができます。

この2区画が敷地延長区画になります。


敷地延長のメリットは

当然、道路部分の区画より奥のほうが

価額がやすくなります。

旗竿の部分だけ面積が広くなります。

敷地が広くなるとその分、
建物は大きなものが建てられます。



奥まっているためにプライバシーが守りやすい。

カースペースが取れる(2台分の場合もある)

小さなお子様がいる場合、家から飛び出しても安全



1号棟と3号棟が敷地延長物件になります。

車が2台入ります。

奥に入って南側が空いています。

おすすめです。

逆に方位が反対の場合

道路側が南の場合は重なります。

現地確認が必要になります。

sikien.jpg















敷地延長のデメリット

採光通風が取れるかをチェックする必要がある

家に入るために通路を通る

家が見えにくい

不審者が侵入した場合に、外から見えにくい

建て込んでる感じがする。



まとめ

私がおすすめする理由

同じ環境、同じ場所で価額が安い

田の字に切って4区画の場合奥から売れる場合がある。

敷地延長の場合は、南側がどうなっているかによって

判断してください。

南側が空いていれば検討できます。

南側が敷地延長物件同士重なるのは避けてください。

敷地延長物件と言って、最初から避けないでください。

ぜひ現地確認してから判断してください。


仲介手数料最大無料
調布市と狛江市の新築一戸建て専門店です。

TOPへ戻る