藤建企画の記事:マイホーム購入少しでも親の援助があれば!基礎控除110万円を使う。

サイトマップ
  • 藤建企画のロゴの画像
  • 藤建企画のお問合せ
藤建企画のヘッダー画像

マイホーム購入少しでも親の援助があれば!基礎控除110万円を使う。

2018年11月18日(日)

マイホーム購入少しでも親の援助があれば!基礎控除110万円を使う。

1058322.jpg

















贈与税の非課税枠110万円

マイホームを購入するとき親から援助があると嬉しいですね。
一度にはできないけれど少しずつならと言う場合には
110万円の生前贈与非課税枠を使うのが良いでしょう。

ありがたいですね。

どこから借りても金利が付きます。


援助してもらえるのなら甘えましょう。

金利のかからないお金は利用しましょう。

親から、資金を援助してもらうと生前贈与になります。

贈与税は、基礎控除額の110万円を引いた残りの金額に対して税金がかかります。




年間110万円以内なら税金はかかりません。

住宅ローンの支払いの資金として、毎月5万円でも8万円でも援助してもらえれば助かりますね。

月々5万円で年間60万円

月々8万円で年間96万円



繰り上げ返済

余裕のある方なら一度に110万円贈与してもらい

繰り上げ返済に回してもいいでしょう。

住宅ローンは、少しでも早く元金を減らすことです。

110万円が3年5年と続くと大きいですね。


毎年110万円以内ですが

贈与をしましたよという証拠を残しておかなければいけません。





贈与の証拠を残しておく

税金がかからないからと言って安心してはいけません。

贈与した側と贈与を受けた側で生前贈与したということを書面で残しておきましょう。

贈与契約書を作成して残しておくと贈与したという証拠になります。



贈与の基礎控除額を超えて120万円贈与して税金を収めておくと証拠になります。

120万円―110万円(基礎控除額)=10万円

10万円に対して支払う税金は1万円です。

この際、申告書を作り納税しますのでこれが証拠になります。


仲介手数料最大無料
調布市と狛江市の新築一戸建て専門店です。




TOPへ戻る