契約優先


   調布市,狛江市,新築一戸建てトップへ


 
Q

気に入った物件が見つかりましたので購入申込書を書いて出したのですが「契約優先といわれました」

契約優先とは何でしょうか。

「すぐに契約といわれても」

購入申込書だけではだめなのでしょうか


 A   

欲しい物件が見つかった時に、その物件を抑えるために購入申込書を入れます。

書面により購入したい気持ちを売主側に伝えるものです。

買いたいという意思表示です。

これにより諸条件の交渉が始まります。


交渉がまとまって次は契約という段階になった時に、手付金等の準備で契約までに時間がかかる場合が有ります。

仕事の都合で1週間先になる場合が有ります。

この場合売主側は契約優先にします。

購入申込書で長い時間抑えられたくないからです。

明日にでも契約する人が現れた場合、そちらを優先しますよということになります。


 

 

購入申し込みを入れて契約優先といわれた場合には、誰よりも早く契約をしなければなりません。

なんとか一晩で手付金をかき集めて、100万円で契約する場合もあります。

仕事が終わってから契約ということもしばしば有ります。

契約が終わったら最終電車ギリギリということも良くあることです。

気に入った物件を手に入れるためには、契約優先に勝たなくてはいけない場合が有ります。

 

欲しいと思った物件は、その地域で出ている物件の中でキラリ光る物件でしょう。

価額を下げた場合なども購入したい人は複数出てきます。

特に土日の場合などは購入申し込みが重なります。

色々の業者さんがそれぞれのお客様を案内しています。

 

売主側から見ると1週間先に契約する人を待つより明日契約する人を優先したくなります。


たとえば1週間待って「やはり止めます」と言われた場合、なんのペナルティも有りません。

この場合口頭で「止める」で済んでしまいます。

建売業者によっては、契約日の3日前に購入申込書を入れてくださいというところもあります。

3日間しか待てないということです。

 

 
契約の早く出来る人


申し込みの順番にかかわらず「契約が早く出来る人」を優先することを「契約優先」と言われています。

 

その他にも、申し込み順通りにいかない場合が有ります。

住宅ローンを利用する人、現金で購入する人。

契約日が多少遅れても現金の人が優先になります。

 

物件の指値がある人、そのままの金額で契約できる人。

そのままの金額で購入してくれる人を優先します。

 

住宅ローンの申請をこれからする人と既に事前審査の通っている人。

事前審査の通っている人が強いので事前審査を受けておくことをお薦めします。

 

残代金の支払いが早くできる人、時間のかかる人。

業者さんは資金を早く回収したいために決済の早い人が優先になります

 

本当に気に入った物件が見つかった場合には、早めの契約をお薦めします。

あなたより、もっと良い条件で買う人が現れるかもしれないからです。


 



 
買主様の立場で考えるエージェント

売主様と諸条件交渉します。
住宅ローン金融機関と交渉します。



今日から一味違った物件探しを!



これは役立つ!マイホームと思ったら!全6回メールで送ります。




調布市,狛江市,新築一戸建てトップへ



仙川,つつじヶ丘,国領,調布,狛江,府中
一戸建て,土地,売り地



                

Copyright (C) All Rights Reserved by (株)藤建企画