権利書はどこに


   調布市,狛江市,新築一戸建てトップへ


 
Q

不動産相談に行ったときに、権利書は大切に保管してありますかと聞かれました。

権利書っていつ貰ったのでしょうか。

契約したときに契約書は貰ったのですが権利書は記憶にありません。

権利書とはどんなものなのでしょうか。



 A 

不動産相談に行ったときに、権利書は大切に保管してありますかと聞かれました。

権利書っていつ貰ったのでしょうか。

契約したときに契約書は貰ったのですが権利書は記憶にありません。

権利書とはどんなものなのでしょうか。

 
 

権利書とは、その不動産を持っているという証明みたいなものです。

昔より「権利証は命より大切」といわれています。

盗難や紛失、水濡れや破損したからといって再発行はしてもらえません。

不動産を持っている者にとってはそれほど大事なものなのです。

ドラマなどでは「借金のかたに権利書をおいていけ」なんて場面が良くあります。

皆さん権利書の認識があまりありません。

いつ貰ったかどうか覚えていません。

 

マイホームの契約をして、住宅ローンの申し込みをします。
そして決済の日に銀行に関係者が集まります。




司法書士 


その時に司法書士さんが立ち会います。

売主さんから、買主さんへの所有権移転の書類を司法書士が預かります。

司法書士さんの作ったたくさんの書類に署名捺印をしました。

司法書士さんが、全部の書類のチェックをすませて銀行にOKを出し、初めて住宅ローンのお金が出てきます。

売主さんに残金を支払い、そして鍵を受け取ります。

鍵を受け取ることによりマイホームの実感がわいてきます。

これでめでたくマイホームが自分の物になりました。

新居に向かい初めて鍵を開けて自分の家の中に入る。

これです「すべて無事に終わった」とほっと一安心します。

ここですっかり司法書士さんの事は忘れてしまっています。



 

司法書士さんは預かった書類をもって、法務局に買主名義(あなたの名前)に変更する登記を申請します。

申請を出して10日前後で所有権を取得した登記が完了します。


 
権利書


移転が完了すると法務局から「登記済証」という書類が発行されこれを権利書と呼びます。

この権利書は、後日司法書士より郵便書留で送られてきます。

ちょうど、このころは引っ越しで大忙しで送られてきた書類の中身を見ません。



後で見ようと、どこかに入れたまま忘れてしまうというケースが多いです。




権利書が自分の名前になっているか、そこに書かれた住所は間違いないかを確認してマイホーム取得は完結するのですがその前で終わってしまいます。

 


不動産売却の相談を受けた時に「権利書をお持ちください」と言いますと「権利書って」と聞かれることがよくあります。


普段はほとんど使わず大切に保管されているはずです。


不動産の売却による所有権移転や抵当権の設定など権利に関する登記を申請する場合に限り必要になります。

 

 
登記識別情報通知


むかし「権利書」いまは「登記識別情報通知」と呼ばれています。

「登記識別情報通知」馴染みのない名前です。



平成173月法が改正されて権利書制度が廃止されました。

平成20年までかけて法務局ごとに順次切り替えられました。



それ以降に取得した人は「登記識別情報通知」という書類が送られてきます。

一枚のA4サイズで色は薄緑色に司法書士さんの表紙を付けたものです。

用紙の下のほうにシールが張られています。

その下に情報(アラビア数字とアルファベットの12文字)が記されています。


シールは剥がしてみたくなりますがこれは剥がさないでください。

売却の時以外は必要ありません。



若し、保管していてシールが剥がされていた時は、誰かに情報が読まれたかデジカメなどで撮影された恐れがあります。


盗まれたのと同じ危険な状態です。

すぐに司法書士さんに相談してみてください。

 

「昔より不動産は身を助ける」と言われています。

何かの時まで大切に保管しておいてください。

 

 



 
買主様の立場で考えるエージェント

売主様と諸条件交渉します。
住宅ローン金融機関と交渉します。



今日から一味違った物件探しを!



これは役立つ!マイホームと思ったら!全6回メールで送ります。




調布市,狛江市,新築一戸建てトップへ



仙川,つつじヶ丘,国領,調布,狛江,府中
一戸建て,土地,売り地



                

Copyright (C) All Rights Reserved by (株)藤建企画