藤建企画の記事:住宅ローン返済中にもしものことがあったら多大の借金が残るのか。

サイトマップ
  • 藤建企画のロゴの画像
  • 藤建企画のお問合せ
藤建企画のヘッダー画像

住宅ローン返済中にもしものことがあったら多大の借金が残るのか。

2018年6月11日(月)

住宅ローン返済中にもしものことがあったら多大の借金が残るのか。

433097.jpg

住宅ローン借りるのに心配なことがあります。

返済中にもしものことがあったらどうしよう。

身体を壊して入院とかで働けなくなったらどうしよう。

心配ですね。


住宅ローンを借りたときには団信に入ることになります。

団信とは、団体生命保険のことです。

借りるときは、団信に加入することが条件付けられています。



返済中にもしものことがありましたら、
残された家族が住宅ローンのことで
困らないようにするための生命保険の一種です。


残された家族は、住宅ローンを払わなくて済むようになります。

家族に、住宅ローンという大きな借金が残らないようになっています。

住宅ローンを払わずにその家に住み続けることができます。

換金したいときはその家を売却すれば、
住宅ローンはありませんので全額手元に資金が残ります。


この団体生命保険料は、月々のローン返済額に含まれています。

住宅ローンは、
団体生命保険に加入できないと借りられないことになります。

住宅ローンを借りるには、健康なうちに、
若いときのほうが加入しやすいです。



その他に

お借り入れいただく住宅ローンの金利に0.3%上乗せした金利で
「3大疾病保証特約団体信用生命保険」に加入することができます。

3大疾病とは

がん、脳卒中、急性心筋梗塞の3大疾病です。

3大疾病にかかってしまったら、
保険金で住宅ローンを一括で返済することができます。


その他に、8大疾病保障プラスと言う保険もあります。

これも安心の材料になりますね。

いろいろ選択肢がありますので、
住宅ローンを借りるときには、金利のことばかりでなく、
保険のことも考えてみて下さい。

仲介手数料最大無料

調布市,狛江市の土地戸建て専門店です。








TOPへ戻る